お酒を飲んだ後に頭痛がするのはどうして?治し方は?

飲み会や晩酌などで飲み過ぎてしまって数時間後や翌日にひどい頭痛がする。

といった経験をしたことがある方は少なくないと思います。

起き上がれないほどの頭痛だったりすると仕事に行くのも大変ですね。

では、なぜお酒を飲むと頭痛が起こってしまうのでしょうか?

今回は、気になるお酒と頭痛の関係と治し方をご紹介していこうと思います。

お酒を飲むと頭痛が起こる理由

どうして、お酒を飲むと頭痛が起こる人がいるのでしょうか?

じつは、いくつかの原因があります。

ひとつがお酒が体質にあっていない場合です。

実はお酒に強い人もいれば、弱い人もいます。

お酒が全然飲めないという人もいますね。

これは、体質ですから自分の体質をよく知っている必要があります。

アルコール自体が毒素となって体内に入ると排出しようと体が反応します。

そのために血管を拡張して血流を良くしようとします。

この血管拡張によって皮膚が赤くなったりする人がいます。

この時、頭痛の症状が起こる方もいるのです。

脱水症状が原因の頭痛。

アルコールには利尿作用があります。

ですから、たくさんお酒を飲むとトイレに頻繁に行きたくなると思います。

それによって体内に水分が不足してしまい脳の静脈が刺激されやすくなるので頭痛が起こるのです。

さらに血液量が減ると脳に十分な血液が届きにくくなるので血管を拡張して頭痛が起こることもあります。

アセトアルデヒドが原因の頭痛もあります。

アルコールが肝臓で分解される際にできるアセトアルデヒド。

このアセトアルデヒドは身体に有害な物質で二日酔いの原因でもあります。

このようにお酒を飲むことで頭痛が起こる理由はいくつか考えられるのです。

それでは、お酒による頭痛を治すにはどのような方法があるのでしょうか?

[スポンサードリンク]

お酒による頭痛を治す方法は?

お酒を飲んで頭痛が起きてしまった時にはできるだけ早く治したいと思いますよね。

それでは、どのように頭痛を治すことができるのでしょうか?

お酒による頭痛の原因はいくつかありますので、それぞれに合わせた方法で治さなくてはいけません。

たとえば、体質にお酒が合わなくて血管拡張で起こる頭痛の場合。

大量のお酒を飲んで血管が拡張してしまっているので、コーヒーや緑茶を飲んで血管拡張をおさえることができます。

また、痛い部分を冷してみるのもおすすめです。

脱水症状が原因の頭痛の場合

水分補給をすることが一番の近道となります。

脱水症状による頭痛の場合には安静にしているとあまり感じないけれど動き回ると感じることが多くあります。

そんなときは水分補給が必要です。

とくにミネラルや糖分を含んだ経口補水液だと早く吸収するので改善も早くなります。

アセトアルデヒドが原因の頭痛の場合

アセトアルデヒドを分解することが大切です。

そこで一般的にはしじみが効果的と言われています。

しじみにはタウリンが多く含まれています。

このタウリンがアセトアルデヒドを分解してくれますのでアルコールの分界も促進してくれます。

ですから、二日酔いの朝にはしじみの味噌汁がよいと言われるのです。

ほかには、肝臓の働きを助ける栄養ドリンクを飲むことも効果的と言われています。

お酒で頭痛が起こらないないための予防法は?

お酒で頭痛を起こさないためにお酒の飲む前にできる予防法を取りいれるのもおすすめです。

たとえば、お酒を飲む際にはお酒ばかりを飲まないで水を飲むことが大切です。

お酒を飲みながら、お酒と同量程度の水を飲むことで脱水症状を抑えることができます。

また体内のアルコール濃度を薄めることができるので頭痛になりにくいと言われています。

また、空腹状態でお酒を飲まないことも大切です。

空腹時にお酒を飲むことでアルコールの吸収が早くなってしまいます。

さらに空腹時は低血糖になりやすいので、頭痛を引き起こしやすいです。

ですから、飲む前にある程度食べ物をお腹に入れておくことが大切です。

気をつけなくてはいけないのは、お酒と一緒に食べることで頭痛を引き起こしやすくなる食べ物があることです。

たとえば、チーズやレバーチョコレート、ハムやソーセージ、スナック菓子やインスタント食品はお酒と同時に食べることで頭痛を起こしやすいと言われていますので注意が必要です。

普段からお酒を飲むと頭痛を起こしやすい方は、このような食品を食べるときには注意しましょう。

お酒を飲んだ後に頭痛と治し方についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、お酒を飲んだ時に頭痛が起こる原因やその治し方についてご紹介しました。

お酒を飲み過ぎると頭が痛くなるという方は少なくないと思います。

実は、その原因はいくつかあるので人それぞれに原因がちがうと思います。

その原因によって、対処方法なども変わってきますので自分の体調をよく理解することが大切です。

また、普段からお酒を飲んで頭痛が起こりやすいという方の場合には、対処法を試してみると良いでしょう。

お酒を飲む機会が多いという方は、よく知っておいてほしいと思います。