頭痛や眠気の症状は生理前症候群の症状かもしれません。

生理中には、頭痛や眠気などの症状が生理痛になるという方が少なくありません。

けれども、整理の前に頭痛や眠気などの症状を感じるという方も実はいるんです。

では、なぜ生理前に頭痛や眠気の症状が起こるのでしょうか?

それは、もしかしたら生理前症候群かもしれません。

生理前症候群または、月経前症候群と呼ばれ、吐き気や微熱、頭痛、眠気、腰痛などの症状があります。

今回は、気になる生理前症候群による頭痛や眠気について、ご紹介しようと思います。

生理前症候群の症状はどのようなもの?

では、まず生理前症候群とはどのようなものなのかチェックしていきましょう。

生理前症候群には、精神的な症状と肉体的な症状の2つがあります。

精神的な症状としては、うつ的状態や不安感、イライラ、寝つきが悪い、眠気があるといったものがあります。

肉体的な症状としては、頭痛やめまい、吐き気、下痢、腰痛、肩こりなどがあります。

これは一例ですので、ほかの症状が出る人もいます。

[スポンサードリンク]

生理前症候群で頭痛や眠気などの症状がでる理由は?

生理前症候群は、その症状にも個人差があります。

日中でも強い眠気があったり、ひどい頭痛があるなどで日常生活に支障が出てしまう場合もあります。

生理前症候群は、生理周期に伴うホルモンの変化が原因で起こると感がえられています。

けれども、そこに個人差が出てきます。

実は、生理前症候群はホルモンの変化意外に、生活習慣やその人の性格も関係していると言われています。

性格面で見てみると、まじめな人やストレスを感じやすい人が生理前症候群になりやすいということです。

ですから、生理前になると必ずと言っていいほど頭痛や吐き気などの症状が起こるという人がいます。

このような場合でも対策はとらずに市販の薬を飲んだり、我慢する人も多いようです。

実は、毎月のことになるので、我慢せずに一度は婦人科で治療を受けたり、生活習慣の見直しなどの指導を受けるとよいでしょう。

生理前症候群のチェック方法は?

それでは、自分の症状が生理前症候群かどうかはどのように見分ければよいのでしょうか?

ここで、生理前症候群のチェックリストをご紹介しましょう。

・落ち込んだり、情緒不安定になる

・イライラしたいり、不安感がある

・判断力や集中力が低下する

・体のだるさや疲れやすさがある

・食欲の増加や体重の増加がある

・下腹部や乳房が張ったり、痛みがある

・唇が荒れたり、口内炎ができる

・手足や顔がむくむ

・吐き気や頭痛、微熱などの症状がある

・眠気を感じることがある

このような症状のなかでいくつか当てはまるものがあれば生理前症候群の可能性があります。

生理前症候群の治療方法は?

それでは、実際に自分の体調不良の原因が生理前症候群だと分かったらどのような治療を取りいれたらよいのでしょうか?

生理前症候群で婦人科を受診すると、低用量ピルを使った治療が一般的です。

低用量ピルは、ホルモンの働きを穏やかにしてくれるのですが、排卵が止められてしまうので妊娠を望んでいる人には不向きの治療といえます。

また、低用量ピルであっても副作用がある場合もあるので、医師としっかり相談しなくてはいけません。

漢方治療も考えられます。

生理前に起こる頭痛や身体のほてりなどの症状は東洋医学的には血の巡りが滞っていることが原因とされます。

ですから、この血の巡りを改善するために漢方が用いられます。

生理前症候群に効果があるとされている漢方は、桃核承気湯と桂枝茯苓丸です。

また、生理前症候群の緩和には、有酸素運動も効果的と言われています。

女性に人気のヨガやピラティス、ストレッチ、ウォーキングなどの有酸素運動を上手に取りいれるとよいでしょう。

有酸素運動は、新陳代謝の向上だけでなくリラックス効果も期待できます。

ほかにもアロマテラピーやマッサージなど、リラックスできることを取りいれてもよいでしょう。

さらに眠気にはハーブティーもよいとされています。

チェストツリーのハーブティーはイライラや頭痛にも効果があります。

レモングラスのハーブティーは、気分をスッキリさせて眠気をおさえる効果があります。

ペパーミントのハーブティーは、爽やかな香りで脳を刺激してくれます。

いつも飲むお茶の代わりにこのようなハーブティーを飲んでみてもよいでしょう。

頭痛や眠気の症状は生理前症候群の症状についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、頭痛や眠気の症状と生理前症候群の症状についてご紹介しました。

生理前症候群という名まえは聞きなれない方も少なくないでしょう。

けれども、実は生理前の頭痛や眠気、吐き気などの症状は生理前症候群の可能性もあります。

ですから生理前のさまざまな症状で悩まされている方は、まずチェックリストをご覧ください。

思い当たることが多い方は、できるだけ早めに婦人科を受診して改善方法などを相談するとよいでしょう。

ご自分でも症状を改善する方法はいくつかありますので、できるものから取りいれてみてはいかがでしょうか?